TK992C

TK992C_F2.jpgTK992C_B2.jpg

 

CLASSIC TYPE Ⅱ  NATURAL INDIGO SELVEDGE DENIM JACKET

 

◎生地特徴
THREE KINGDOMS OVERALLS オリジナル15.3oz天然藍染(Natural Indigo)ローテンションセルビッチデニムを使用しています。このデニムは世界最高品質デニムの産地、岡山県で特別注文して製作したものです。100%高品質の長繊維高級綿のジンバブエコットンを使い、織り込み用の縦ムラ糸と横ムラ糸をオリジナルで紡績して作りました。縦ムラ糸は染めのテクニックとノウハウが厳しく要求される100%天然藍のロープ染色を行い、糸表面を最濃に染め上げ、白い芯をしっかり残してあります(芯白)。セルビッチ(通称ミミ)用のムラ糸もオリジナル染色し紫ピンク色に染めています。旧式力織機(シャトル織機)を使い、織り込みスピードを大幅に緩めて、絶妙な織り込み密度でオリジナルムラ糸達をゆっくり丁寧に織り上げし、オリジナルローテンション生地に仕上げました。出来上がった天然藍の生デニムは美しく、独特の深い蒼が心を響かせます。100%高品質ジンバブエコットンを使用する事により温かみのある柔らかくてしっとり感いっぱいの着用フィーリングを実現しました。100%天然藍を使う為、消臭効果、細菌の増殖を抑制する効果、虫除け効果が期待できます。何より天然藍独特の深い蒼み、自然のもたらす色素の奥深さは決して合成インディゴを何度染めても到達できない物です。デニム愛好家の心を深く蒼く染める THREE KINGDOMS OVERALLSのオリジナル天然藍染デニムです。

◎シルエット特徴
1952年デニムジャケットのフルモデルチェンジを行いタイプⅡデニムジャケット
507XX(通称:セカンド、2nd、2ndタイプ)がタイプⅠデニムジャケット506XX(通称:ファースト、1st、1stタイプ)の後継モデルとして発売されました。フルモデルチェンジされた2ndタイプデニムジャケットはフロント左右にポケットが装着され、1stタイプのシンチバックが廃止され、代わりにウエストバンド両側にアジャスターを配置し、裾幅調整の役割を果たします。TK992Cはビンテージ507XXをシルエットのモチーフとし、フロントのダブルプリーツ、そしてプリーツ押さえのボックスステッチとその位置、フロントタックボタンの配置とその位置、上下大きめのバックプリーツ、ウエストバンド両サイドのアジャスターを全てビンテージ507XXからそのまま継承しました。肩幅、身幅、着丈、袖丈、袖口幅などのサイズを微調整し修正を入れました。修正、調整後のTK992Cの全体的なシルエットは肩幅があり、その分桁丈少し長め、着丈短めのビンテージ2ndタイプらしいシルエットとなります。上下バックプリーツは大きめのため着用時、背中に独特の膨らみが出来、これもビンテージ2ndタイプの特徴の一つです。桁丈長めの為、袖のロールアップをして着用時に袖口が広がりすぎず、腕時計を格好良くコーデできるように袖全体の形と袖口幅を調整、修正に工夫をしました。ビンテージ2ndタイプ507XXシルエット独特のクラシックな雰囲気を十分に引き継ぎ、細かな微調整を行い、よりファッション性を高くしたのはこのTK992CタイプⅡデニムジャケットのシルエット最大の特徴です。ビンテージデニム好きな方はこのTK992Cを強力にお勧めします。

◎色落ち特徴
戦中XXデニム(1940年代前中期)の荒々しいムラと戦後XXデニム(1940年代後期)の整ったムラの中間のムラ感をターゲットに、オリジナル縦ムラ糸と横ムラ糸の制作を行いました。使用したジンバブエコットンの繊維が長く、米綿ほどのムラ感を出しにくい為、糸のより、ムラ のピッチ、糸太さなどの要素を調整しました。洗濯後天然藍の独特の蒼みが一層深くなり、ローテンション生地独特の凸凹が全面的に出て、ムラ感、ザラ感一杯の立体的な表情へと変化して行きます。オリジナルジンバブエコットンのムラ糸のムラにより色落ちは点落ちから始まります。しばらく着用すると点落ちから短めの線落ちに繋いでいきます。最後短めの線落ちが繋がってムラ感のある長い縦落ちが現れ完成します。100%天然藍の最濃染めにより長年着用するとカラーコントラストの強い美しい色落ちが期待できます。THREE KINGDOMS OVERALLS のオリジナル天然藍染デニムの色落ちは必ずデニム愛好家達の心を満たします。

 

◎縫製特徴
フロントのアクションプリーツ、襟の独特の形(生地をタテ方向に使用)、外側向きの大きめのバックプリーツ、ウエストバンド両サイドのアジャスター、袖の合わせ方、袖開き口リベット打ち補強、カフスエンドとウエストバンドエンドの『コ』の字ステッチなどビンテージ2ndタイプ特有の縫製ディテールを全て引き継ぎました。両ポケットフラップの裏側にライトオンスデニムではなく本体と同じ生地を贅沢に使用しました。ポケット口両端に黒色カン留めステッチ、フロントヨーク部分『L』字ステッチなど1950年代の2ndタイプデニムジャケット独特のビンテージ縫製ディテールもしっかり盛り込んでいます。各部の色落ちを考慮しパッカリングを良く出す為、各部縫製用の糸番手、運針を計算し変更、調整しております。強度と経年変化の両方を考慮し、縫製糸には日本製コアー糸を使用、コアー糸表面にはアメリカ高級コットンのスピーマコットンを使用しており新品時の光沢は高級感を感じさせ、着込むとデニムと一緒に色落ちし徐々にオールドな雰囲気となって行きます。ビンテージデニムジャケットに良く使うイエロー・オレンジの二色を部位毎に使い分けをしています。

◎附属品経年変化特徴
・特注THREE KINGDOMS OVERALLS刻印入り真鍮ボタンは黒色と銅色の二重メッキされており、使い込むと表面の黒色と銅色が順番に剥がれていきボタン本来の真鍮材料による金色が現れてきます。ここから真鍮自身の経年変化が始まり、使い込むと徐々にくすんでいって色合いが深くなります。長年使い込むことで段々ととても濃いブロンズ色に変化していきます。デニム生地とともに経年変化し面白味のある楽しいボタン達となります。
・特注10.4mm無垢銅リベットは使い込むと初めの鮮やかなオレンジの銅色から徐々にくすんで深い紫のような銅色となり、最後は緑色のサビがかかった銅色へと変化していきます。表面にT.K.D.O.&Co.刻印と裏側足に359数字刻印をしており、長年使い込むと段々良い感じに浮いてきます。コーティングなしの無垢銅リベットの経年変化は奥ゆき深く楽しめます。
・フルカラーシルクスクリーンプリント革パッチは防縮加工の牛革を使用しており、繰り返し洗濯をしても極端に縮むことはありません。鮮やかなフルカラーを出すため白色下地プリントを施してあります。使い込むと革パッチの表面にヒビ割れが入り、鮮やかな色が段々取れて白い下地が見えるようになります(表面と下地が一緒に取れてしまう場合もあります)。デニム生地とともに経年変化を楽しめる革パッチとなります。

 

Size : 36,38,40,42,44

Price : ¥30,000+tax  ¥32,000+tax(44) 

 

Check more details

Online Shopに進む